おねしょと夜尿症

おねしょと夜尿症の違いは、どちらも寝ているときにおもらしをしてしまうことを言いますが、
幼児期にするのをおねしょと言い、5~6歳を過ぎても月に数回の頻度でおねしょをすることを
夜尿症と言います。

おねしょは、夜寝ている間に作られる尿の量と膀胱の大きさとのバランスが取れていないために
起こるものです。

おねしょは、2歳で2人に1人、5歳で5人に1人、とだんだん減っていくのですが、
6歳児の1割から2割、小学校の高学年でも約5%に夜尿症が見られます。

夜尿症を心配するなら小学校入学がめやすに

幼児期は、夜間の睡眠の安定しないため、また膀胱の機能が未成熟のため
おねしょをすることも珍しくはありませんね。

成長とともに、その未熟さが改善されて次第におねしょをしなくなるものです。
ただ、小学校に入るころになってもおねしょが続く場合は、「夜尿症」と考えて、
生活の工夫や医療機関への受診を考えてみましょう。

こどもへの配慮を忘れずに

  1. 起こさず・・・夜中に起こすのは間違いです。夜ぐっすり眠ることで抗利尿ホルモンが分泌されるので夜の尿量が減ります。
  2. あせらず・・・個人差があるのであせらずに成長を見守りましょう。
  3. おこらず・・・自分の意志でコントロールできないことを怒るのはやめましょう。

家庭でできるおねしょ対策

◎規則正しい生活
◎夜中に起こさない
◎水分のとり方に工夫
◎トイレを促しすぎない
◎寒さ、冷え対策

医療機関への相談

夜尿症は、医療機関で治療ができる病気です。
夜尿症は、継続的に治療することで、何もしないよりも2~3倍速く治ることが期待できますので、
お子さんが自信をなくしたり、ストレスが原因で治ることが遅くなるまえに、
かかりつけの小児科や夜尿相談のできる医療機関に相談してみましょう。

ohirume

コメントを残す

サブコンテンツ

管理人:りん

rin


大好きな街、伊勢崎市の情報を

いろいろお届けしていきます♪

子育てママを応援します!!

自宅でできるお仕事募集

037-1

このページの先頭へ